車の売却方法は2種類あります。詳しく知っていますか?

MENU

『下取り』と『買取』どっちの方がお得なの?

そもそも『下取り』と『買取』はどう違うの?

『下取り』は売却したお金を次の車の購入資金にする方法です。ただし、これは車を下取りしてくれた店舗で次の車を購入することが条件です。普通は下取り額のすべてを次の車の購入資金に充てるので、あなたがお金を手にすることはありません。次の車の支払額が下取り分だけ下がることになります。
『買取』はただ査定してもらった車を売却することです。あなたはそのままお金を手にすることになります。

 

『買取』がお得なワケ

『買取』は、オークション価格が基本的な相場となります。オークションではたくさんの業者が入札をするので必然的に最高額が相場となります。基本的には買取専門業者が査定を行いますが、そこには全国各地のオークション市場価格がリアルタイムで反映されるためです。

 

『下取り』で高値がつきにくいワケ

『下取り』は、下取り基本価格表を元に相場が決まります。この下取り基本価格法はリアルタイムに更新されるようなものではないので、オークション市場価格が反映される買取と比べるとどうしても査定額が下回ってしまうものなのです。
また、次の車を購入することが条件なのですが、新しい車でも利益を出さなければならないので、純粋に車そのものを査定するわけではないことがあります。そのため、車の装備等のオプションはあまりプラス査定にはなりにくくなっています。

『買取業者』と『下取り業者(ディーラー)』の違いとは?

買取業者と下取り業者(以下ディーラー)による査定額の決定方法はお伝えしたとおりですが、なぜそのようなことが実現するかをお教えします。

 

基本的に買取業者は買い取った車を同様にオークション市場で全国相手に売り出します。相手が多いため車は簡単に売却され、在庫に悩むことはありません。

 

しかし、ディーラーは下取りした車は自分の店舗、または同系列の店舗に来た人しか相手にしないのでなかなか売ることができません。

 

このように買取業者は比較的素早く車を売ることができるので、常に全国最高額を相場にしても大きな問題がないのです。

 

買取専門業者には査定の専門家がいる!

買取専門業者には専門の査定士がいます。査定士は車の状態だけでなく、装備品などのオプションパーツも徹底的に査定し、加算し続けます。さらに、持ち主のこだわりや思いまでもプラス査定に組み込みます。それでも次にその車を買う相手は全国が相手なので強気に査定してくれます。

 

しかし、ディーラーは車の販売員、いわゆる営業マンが担当します。営業マンは車の勉強はしますが、査定の勉強をするわけではありません。オプションパーツがどのような評価をされているのか、市場の動きは今この瞬間どうなっているのか、最高額はいくらなのか、そんなことを知る営業マンは少ないと思われます。

 

買取業者側からすればどのように査定しようとも在庫を抱えなくても済むことが最大のメリットだと言えます。在庫を抱えると車の維持費がかかりますが、その心配もないのであなたの理想に近づくことができるのではないでしょうか。