マイナス査定について知っておこう

MENU

一体何がマイナス査定になるの?

愛車を売ろうとするとき『プラス査定』ばかり気にしてしまうものです。しかし査定の足を引っ張る『マイナス査定』という存在を忘れてはなりません。
ここではマイナス査定における2つの要因『事故車』と『モデルチェンジ』について注目していきたいと思います。

 

『事故車』について知ろう!

 

『事故車』はイメージが良くないですよね?当然これは市場評価においても同様で、査定額は大きく下がることになります。もちろん事故による傷や故障は修理されていますが、それでも不具合が起きるのではないかという懸念から敬遠されるものです。
ではそもそも『事故車』とはどういうものなのでしょうか。

 

いきなりですが、「事故をした車は事故車だ」と思っていませんか?実はそうではありません。中古車査定には明確な基準があります。その基準には『交通事故や災害などにより、車の骨格等に欠陥が生じたもの、あるいはその修理歴のある車のこと』を事故車と定義されています。大切なのは『骨格等に欠陥が生じたもの』という部分です。これが損傷を受けていなければ事故車にはならないのです。
道路交通法としての事故を起こし、警察に事故処理されたとしても、骨格が損傷していなければ何も問題ありません。

 

そういう意味では、車の修理をするときにはそこが骨格部分に相当するかどうかを業者に確認しておくと良いのですが、実際に骨格部分を損傷するのは相当な事故でなければなりません。前方部分で言うならばボンネットが完全に潰れるくらいの傷でなければ骨格部分に到達しないようです。

 

しかし、事故車でなくとも修理していることは事実です。こんなことを査定員にすぐ分かってしまうのでごまかしはききません。正直に申告する方が良い印象となり、今後の査定に良い足ががりとなるでしょう。

 

『モデルチェンジ』について知ろう!

 

車は定期的に『モデルチェンジ』をしています。特にモデルチェンジ数回に一度行われる『フルモデルチェンジ』となると車の印象は大きく変わります。当然のことですが、新しいモデルの方に人気が高まります。そうするとどうしても査定額は大きく下がってしまいます。

 

これは多くの人が新しいモデルの車に乗り換えることで、一代古くなったモデルの車が大量に中古車市場に流れ込んでくることになります。少しでも売ろうかとお考えの方は車買取業者に相談されてはいかがでしょうか。モデルチェンジの時期が近付いているのなら、できるだけ早めに査定相談しておくことが望ましいといえるでしょう。