査定額をもう一段アップさせるために

MENU

愛車の査定額をあと少しアップさせる方法

せっかくの愛車を手放すのであれば、やっぱり少しでも高く売りたいですよね?
査定額が高くなることはお金の面でも嬉しいことですが、何より自分の車を高く評価してくれたことへの喜びがあります。ここではあなたの車の査定額をもう一段アップさせる方法について紹介します。

 

せっかくのオプションパーツ、正しく動きますか?

『オーディオレス車』という言葉を聞いたことはありますか?
車内前方中央にあるエアコン、音楽プレーヤーなどの機器がすっぽりと抜けている車のことです。こんな車は不格好ですが、走行そのものには何も問題ありません。
つまり、走行には無関係でも付属しているもの『オプションパーツ』こそがプラス査定のポイントになります。

 

ただ、エアコンなどはほとんどの車に装備されているのでそこまでのプラス査定にはなりません。しかし、カーナビは今でも特別なオプションパーツです。カーナビの機能がどんどん進化しています。できるだけ新しい「道路案内」「渋滞情報」「ショップ等の登録件数」などによって変わりますが、これらは大きな査定ポイントなのでしっかりとアピール刷るようにしましょう。

 

そして何より大切なことは、査定に持ち込む前にこれらのオプションパーツが正しく機能しているかどうかを確認しておきましょう。

 

小さな傷はあなたにも直せます!

車の傷は査定においてはマイナスポイントであることは言うまでもありません。しかし、車の傷は事故をしていなくても付いてしまうものであることを知っておきましょう。

 

安全運転で走行中に跳ねた砂による傷。
駐車中に誰かの服がこすれて付く傷。
洗車中にスポンジやブラシでこすれた傷。
ドアノブに触れたときに爪が当たってできた傷。

 

こういう目を凝らしてようやく確認できる傷というものはキレイに洗車してワックスやコンパウンドで磨き込むことで補修することができるのです。特にボンネットやドアノブの内側にはかなりの傷が確認できることが多いようなので査定前に確認しておきましょう。

 

ただし、大きな傷の場合は補修ではなく、修理が必要になります。これには大きな時間とお金がかかってしまい、修理が完了する頃には査定額そのものが大きく変わってしまうことが考えられます。そういったことを総合的に判断して、このようなケースではそのまま査定に持ち込み、買取業者に修理してもらうことが望ましいと思われます。