愛車を売るときに必要な書類を確認しよう

MENU

愛車を売却するための準備物を知っておこう

売却が決まったらまず何をすればいいの?
査定に満足したらいよいよ売却手続きに突入です!でも車だけを買取専門業者に持ち込んでも買い取ってはもらえません。手続き上の書類が必要です。少しでもスムーズに売却を進めていくためにはあらかじめ必要な物を知っておくと良いでしょう。

 

 

1.車検証

車を管理する上で最も大切な書類です。この車検証がないと車を売ることも譲ることも廃車にすることもできません。
もし車検証がどこにあるか分からないときは、運輸局で再交付手続きをしておきましょう。

 

2.自賠責保険証

自賠責保険は車を所有する人が強制的に加入させられている保険です。事故などのトラブルに巻き込まれた場合に第一に使用する保険で、これで補えなかった部分を任意保険でさらに補うという仕組みです。自賠責保険の多くは車検更新時に同時更新しているので、車検が期限切れになっていると、自賠責保険も期限切れになっていると考えた方が良いでしょう。
もし自賠責保険証がどこにあるか分からないときは、保険会社に申請するか、車検をしてくれたところに相談すると再交付手続きを代行してもらえます。

 

3.自動車税納税証明書

自動車税を納付していることを証明する書類です。自動車税は毎年4月1日時点で車を所有している人に納税するように求められます。ただ、自動車税は軽自動車に関しては納付先が異なるので注意しましょう。

 

軽自動車は『あなたの住所がある市町村役場の納税課』で再発行の手続きを行います。
普通自動車等、他の車は『自動車税管理事務所、または各都道府県の税事務所』で再発行の手続きを行います。

 

その他の書類

他にも書類が必要な場合があります。

  • 所有する車に対する『リサイクル券』
  • 様々な手続きの代行を認める『委任状』
  • 車の所有権を他人に譲渡する『譲渡証明書』
  • 公的な手続きでよく使用する『印鑑証明書』

どの書類が何通必要であるかは各買取専門業者によって異なるので必ず事前に確認するようにしましょう。

 

 

愛車へのこだわりオプションパーツをしっかり査定してもらおう!

アピールし忘れたオプションパーツはありませんか?カーナビ、オーディオ機器、アルミホイールやマフラー、エアロパーツに内装シート、ETC機器などもすべてプラス査定対象です。書類に押印すれば、それ以上は不可能なので忘れずに気になるところはアピールしておきましょう。

 

 

査定額はその瞬間のものだと心得よ!

買取専門業者で査定を受けてもなかなかその場で売却の決断はできないことが多いことでしょう。もちろん検討することも大切です。しかし、査定額は決定事項ではありません。
特に中古車に関しては1日の中でも相場が変わるものです。数週間も経てば他意はなくとも査定額は変わることがあります。

 

タイトルにあるように『その瞬間』という表現は少し大げさかもしれませんが、もしあなたの利用に近い査定額だったり、納得できそうな査定額だったりする場合は早期決断が鍵となります。